何気ない日々の出来事と...子どもの成長を綴る...。 " たま~にど "


by ukeyuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

プレスツアー2日目
朝8時
古仁屋海上保安署前から加計呂麻島へ 海上タクシーでGO!
a0194993_22153394.jpg

ドラム缶を基礎に木造の「カケロマ桟橋」が何ともいえない風情の武名港へ。
a0194993_22163688.jpg

a0194993_22182485.jpg
a0194993_2220838.jpg

a0194993_22223150.jpg
ここには、樹齢300年から400年と云われているガジュマルの巨樹があり、その樹根に触れると「願が叶う・パワーがもらえるとか・・・」

次に案内したのはLEAPさんのリクエストの「カケロマ流 ゴルフセンター」
a0194993_22244990.jpg

海に向かってナイスショット!!

台風の影響か・・・
「ウミガメ隊」から実久は風とうねりの為カヤックはムリとの情報を受け
急遽場所を須子茂海岸へ変更し、シーカヤックとシュノーケリングを楽しんだ。
a0194993_2232374.jpg

a0194993_2235181.jpg

a0194993_22375783.jpg

a0194993_2240208.jpg

a0194993_22414784.jpg

a0194993_22433993.jpg

a0194993_2245697.jpg
a0194993_2247817.jpg
a0194993_22483666.jpg
a0194993_22504632.jpg




今日はここまで・・・。
突然の睡魔・・・。

悲しいかな・・・身体は正直だ!
[PR]
by ukeyuri | 2011-09-23 22:55 | 観光のこと
観光課では

九州新幹線全線開通
福岡~奄美直行便の就航など九州各地からのアクセスが改善し、より近くなっている・・・
しかし、奄美 瀬戸内 カケロマ島の知名度はまだまだ低い。

鹿児島県に属しながら、鹿児島本土とはまったく違う魅力を持つ奄美、

そして「加計呂麻島をもっと九州の方々に知ってもらいたいと」

奄美「カケロマ女子旅」プレスツアーを企画した。

招待したのはタウン情報誌クマモト・TJかごしま、LEAPのタウン誌3社の編集者、カメラマン。※福岡は10月に 奄美「カケロマ女子旅」モニターツアーで実施

台風15号の影響により予定を1日スライドして実施。

奄美空港でお迎え、鶏飯「ひさ倉」で奄美自慢の味を堪能し、マングローブパーク・・・
玉石転がるホノホシ海岸で「石に願を」・・・。

ヤドリ浜にあるマリンステイション奄美に案内した。
マリンでは五右衛門露天風呂や島料理に舌鼓。
宴のフィナーレは、観光課職員「太原」の島唄・六調で最高潮・・・でした。

a0194993_538149.jpg
a0194993_5385740.jpg
a0194993_5394317.jpg
a0194993_5402372.jpg
a0194993_541655.jpg
a0194993_5415211.jpg
a0194993_5423458.jpg
a0194993_5444636.jpg
玉石に願をこめて・・・
a0194993_5454036.jpg
すべてが「丸く」・・・
a0194993_5463823.jpg
マリンのアイドル「梅ちゃん」
a0194993_4453883.jpg

a0194993_452176.jpg
a0194993_4525215.jpg
a0194993_4533980.jpg

a0194993_4543629.jpg
台風一過、久しぶりの夕日に感動。
a0194993_5473739.jpg
島料理
a0194993_5482619.jpg

島唄を唄う 師匠は「親父」

明日は、プレスツアー2日目、カケロマがメイン。
武名の樹齢300年~400年といわれるガジュマルの巨木からパワーをもらい・・・
実久海岸からシーカヤックで無人島江仁屋離れ、シュノーケリングでサンゴ、熱帯魚ウォッチング。※風とうねりで変更もあるが。
なんといっても 大島海峡「サンセットヨットクルージング」が楽しみだ・・・。
仕事を忘れてしまいそう・・・。
[PR]
by ukeyuri | 2011-09-21 23:20 | 観光のこと

国体展望

おいでませ! 山口国体「相撲競技」は山口県下関市豊浦夢が丘スポーツセンターで
10月8日(土)~10日(月)に開催される。

今年も成年の監督として参加する予定だが、今年のチームは日本大学1回生の坂元元規、本町のホープ緒方貴治も来春成人を迎える19歳。チーム最年長の中 和昭選手(天城町)も26歳と若い。

先鋒の「坂元」は、今年日本大学に入学し、東日本大学相撲新人戦を制覇。大学相撲金沢大会でもレギュラーで出場し優勝に貢献している。
先週開催された全日本体重別選手権大会無差別級においても、1年生ながら3位入賞を果たしており、国体での活躍が期待できる。
a0194993_23591227.jpg


中堅の「中」は先月の国体強化合宿で膝を負傷、九州国体や県民体育大会を欠場し安静、調整をしているが国体までには間に合いそうだ。
腕の長さと馬力が持ち味で「怒涛の寄り」が身上。
a0194993_234921100.jpg


大将の「緒方」はこれまでの選手と一味違う個性あふれる選手だ。
何よりも人間離れした「スタミナ」が魅力。
先の県大会青年の部も制しており、強い相手でも気にしない(というか無関心)特技があり、何かしてくれそうな期待感がある。
a0194993_2348194.jpg


先鋒の坂元で先取するパターンに持ち込むことができると、若いだけに波に乗りベスト8以上も狙えるのではないかと期待する。

予選の1回戦は北海道、2回戦は兵庫県、3回戦は香川県。
2回戦の兵庫県が勝負だ。

国体の強化練習は古仁屋の大湊緑地公園、古中相撲道場でこれまで4回実施しているが、緒方、龍山(少年の部出場)の仕上がりは上々。
a0194993_044659.jpg


私も久しぶりにまわしになり、龍山に胸を出したが「スピード」についていけず・・・。
体力の衰えを感じた今日この頃・・・でした。
[PR]
by ukeyuri | 2011-09-20 23:37 | 相撲