何気ない日々の出来事と...子どもの成長を綴る...。 " たま~にど "


by ukeyuri
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

感謝! 第5回白鵬杯

第5回白鵬杯が両国国技館であった。
a0194993_06514302.jpg
世界8ヶ国830人の選手が出場した。プログラムには世界の子どもたちが土俵の上で一つになる!君たちは日本の宝だのメッセージが
a0194993_07065210.jpg
a0194993_07170209.jpg
白鵬杯に出場した 瀬戸内少年相撲クラブの12人は、それぞれの目標を胸に秘めて試合に挑んだ。一戦必勝である。1年生以下の部には、77人誠、碧斗、太心、鴻之介の幼稚園組が出場し、誠、太心は1回戦で負けはしたが、善戦した。期待の碧斗、鴻之介は、1回戦を勝利したが、2回戦で惜しくも敗退した。決勝トーナメント進出へあと1勝であった。
a0194993_07324564.jpg
a0194993_07340828.jpg
2年生の部には62人海陽が出場し、1回戦3分近い熱戦を勝利し、会場も大盛り上がりだったが決勝トーナメントにあと一歩およばず2回戦敗退。でも、1回戦の勝利は自信になったことだろう。
a0194993_07432525.jpg
3年生の部は後で
3年生の部には
ライナ、旭、朝陽、凱也、カイトが出場。
ライナ、凱也、カイトは善戦むなしく初戦敗退したが健闘した。
朝陽は1回戦を快勝し2回戦へ進出。勝てば決勝トーナメントであったが痛恨の勇み足。涙の敗戦であった。
旭は腰は相変わらず高かったが、思い切り良く1回戦、2回戦に勝利し,3回戦は優勝したモンゴルの選手に負けた。やはり、腰を低く、頭で当たれるようになれば、上位入賞も夢ではない。
5年生の部に出場した、湖南と圭竜も惜しくも初戦敗退となった。
負けはしたが、全国大会に出場し、しかも両国国技館の土俵に上がれたこと、全国いや世界の相撲仲間と交流ができたこと、
もっと稽古をしなければ、もっと大きくなりたい・・・
強くなりたいと思えたことが成果だと思う。

きっと1、2、3年先に今回の経験が活きてくるであろうと信じたい。
[PR]
by ukeyuri | 2015-02-02 07:48 | 相撲